cap

キャップをかぶる時の注意点は?

キャップは定番のファッションアイテムなので幅広い年代の人がかぶっています。服装に合わせてキャップを浅くかぶったり深くかぶったりする事も出来ますし最近では後ろかぶりをして個性を出している人もいます。キャップは重要なファッションアイテムになっていますが、かぶる時は注意しなければいけない点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこでキャップをかぶる時の注意点を確認していきましょう。
・長時間かぶると頭皮環境が悪くなる
ファッションでキャップをかぶっている時は長時間になるので頭部の通気性が悪くなります。それにより頭部が蒸れてしまうので汗を大量にかいてしまい頭皮環境が悪くなる可能性があります。頭皮環境が悪くなると抜け毛が増えてくるので室内ではキャップを取るなど長時間かぶらないようにしましょう。
・きつめのキャップをかぶると頭皮周辺の血行が悪くなる
きつめのキャップをかぶると頭部が締め付けられるので頭皮周辺の血行が悪くなってしまいます。頭皮周辺の血行が悪くなってしまうと髪の毛に必要な栄養素が行き渡らなくなるので抜け毛が増えてしまう可能性があります。頭皮周辺の血行が悪くならないように頭部のサイズに合ったキャップをかぶるようにしましょう。

イチオシ記事

  • 髪型でキャップのかぶり方を工夫してみよう

    キャップは普通だと前につばを持ってきてかぶりがちですが、ちょっとした工夫で印象ががらっと変わります。ショートヘア、ミディアムな人には斜めに被ると顔の見える部分が大きくなるのでボーイッシュなイメー…

    もっと詳しく

  • 海外のキャップ事情

    日本で大人気となっているキャップ。元は、海外特にアメリカから日本にやってきたものです。さらに言えば、野球をするときの単なる帽子。このキャップの現在の日本以外の国(野球文化すら入っていない国も含む…

    もっと詳しく

記事リスト