cap

服もキャップも好きなように選ぶ

キャップとは、野球帽みたいな帽子の事で、よく私は中学校の時に学校の校則で坊主だったので、街に買い物や遊びに行く時によく被っていました。中学生の頃は、特に1年生の頃はあまりファッションに興味がなく野球帽で街に買い物や遊びに行っていましたが、中学2、3年生になると徐々にファッションに興味が出始めて帽子も野球帽から少しオシャレなキャップに変わりました。
そこから、街に出ていく度に、街にいる周りの方がどんな服装や帽子(キャップ)を被っているのか見るようになりました。そうしていたら、街にいる方のキャップは、英語で文字が入っているようなキャップで、私は野球帽をかぶっていた癖で、キャップのツバを折る癖がありました。
でも、街でキャップを被っている方は、ツバを折っている人はいませんでした。そこのとこから「ダサいなぁ。時代についていけていないなぁ。」と思い勉強になった。でも、そのように考えたら、ファッションは自己主張でもあるので、「人の真似をしなくてもいいんだ。」と中学生ながら思いはじめて、そこから私は服もキャップも自分の好きなように選ぶようになった。今までは誰かの真似をしていたが、全てを真似をするのではなく、そのファッションをヒントにして取り入れるようにしました。

イチオシ記事

  • 髪型でキャップのかぶり方を工夫してみよう

    キャップは普通だと前につばを持ってきてかぶりがちですが、ちょっとした工夫で印象ががらっと変わります。ショートヘア、ミディアムな人には斜めに被ると顔の見える部分が大きくなるのでボーイッシュなイメー…

    もっと詳しく

  • 海外のキャップ事情

    日本で大人気となっているキャップ。元は、海外特にアメリカから日本にやってきたものです。さらに言えば、野球をするときの単なる帽子。このキャップの現在の日本以外の国(野球文化すら入っていない国も含む…

    もっと詳しく

記事リスト